カテゴリ:感想( 1 )

蝉しぐれ

映画「蝉しぐれ」をCATVで見た。
いやー、泣いたよ。
もうね、切なくて切なくて、あれこそ正に日本の耽美だね。
恋焦がれる想い、ままならない思い、耐え忍んでもかなえられることのない想い。それらすべてが胸の内に秘められて、最期の最期まで吐露されずに、やっぱり二人はすれ違っていく。
感情を抑えて抑えて、決して昂ぶることなく、想いが深まって深まって、自然にあふれ出てくるような。
これはもう日本人にしか表現のできない領域だなぁって。

感情や自己主張を表に出すことが苦手な日本人。
規律や習慣に縛られて没個性的な日本人。
個よりも和を重んじる日本人。
良くも悪しくも、日本人ならではの感性ってものがある。
自分の背景にある文化的なバックボーン、物の見方、感じ方、そういったものはもう否定のしようがない。
日本人として、日本人の感性で、物事をしっかりと感じられる。それがあるからこそ、異文化を感じる新鮮さ、驚き、喜びもある。
自分の立脚点を大切にしていきたいね。
[PR]
by taromiles | 2007-04-09 15:56 | 感想